東北楽天の新人足立祐一捕手が守りの要として奮闘している。正捕手の嶋基宏が負傷離脱してから約1カ月間、26試合中22試合で先発し、社会人時代から定評のあった捕球技術や肩の強さに加え、配球面でも個性が光...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)