繁殖力が強く、農作物の被害や植生などへの影響が懸念されるニホンジカの目撃件数が県内で増えているのを受け、県は21日、青森市内で冬期間外していた監視用の自動撮影カメラの設置を始めた。本年度は県内31市...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)