リオデジャネイロ五輪で初めて採用されるラグビー7人制女子の日本代表(サクラセブンズ)候補で、浦安市在住の冨田真紀子選手(24)が市役所を訪れ、意気込みを語った。7月の代表決定に向け、チームでは選手の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)