東北楽天は交流戦を11勝7敗と勝ち越し、昨年に続く4位で終えた。投手陣が安定感を取り戻し、新人のオコエ瑠偉ら若手野手の奮闘もチームを勢いづけた。梨田昌孝監督は「広島戦を除いて3連戦の初戦を取れたのが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)