交流戦の最後に東北楽天の救援陣が意地を見せた。六回から早めの継投策になったが、福山博之、青山浩二、ミコライオ、松井裕樹の4人が奮闘して無失点に。与田剛投手コーチは「今後につながる継投の形が見えてきた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)