自転車ロードの国際レース「ツール・ド・熊野」の第3ステージ(100・0キロ)が19日、和歌山県太地町で行われ、序盤から先行集団に入り積極的に逃げ続けた宇都宮ブリッツェンの大久保陣(おおくぼじん)がそ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)