藤枝順心が3試合49得点と圧倒し、東海大会5連覇を達成した。ただ、2戦目の聖カピタニオ女子(愛知)戦でパスミスから失点するなど課題は残った。福田ゆい主将は「全国行きを決めて一安心したが、守備面とカウ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)