膠着(こうちゃく)していた試合の均衡を破った。両チーム無得点のまま迎えた六回。二死から四球を選び出塁した大谷を一塁に置いて、レアードが打席に入った。「投げたいところに投げていた」と中日・吉見の前に第...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)