日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は18日、京都市中京区のホテルで講演し、8月開幕のリオデジャネイロ五輪での金メダル獲得数の目標を「何とかして14個、最低でも2桁を獲得したい」と国別順位...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)