仙台は先制されても必死に食らい付いた。体を投げ出して、ボールを奪い取った。5バックで自陣を固める甲府に対して、サイドから、中央からと諦めずに攻撃し続けた。その執念が後半の2得点につながった。今季初の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)