オコエの初本塁打に隠れ気味になったが、東北楽天の打の主役はウィーラーだった。先制とダメ押しの適時打2本で3打点を挙げ、4番の仕事をきっちり果たした。  一回2死一塁、今永の真ん中高めの直球を鋭く振り...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)