1点を追う終了間際。磐田の応援席から大きなため息が漏れた。宮崎の左クロスを松浦が頭で流し、ゴール前の大井が飛び込んだが、ネットを揺らせなかった。これで3試合連続無得点。終始主導権を握り続けていただけ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)