筒香の右翼席への特大ソロで1点差に詰め寄られ、暗雲が漂い始めた七回。東北楽天打線が大技に小技を絡めたそつのない攻撃で中押しの4点を奪い、再び流れを引き戻した。  口火を切ったのが藤田。1死一、三塁で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)