抜群のスタートから、流れるようにハードルを越えた。男子110メートル障害は桑原(清水桜が丘)が自己新の14秒69で混戦を制した。  予選は1台目までにスピードに乗れず、準決勝は伴野監督の助言でスター...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)