三菱自動車の益子修会長は17日、国土交通省で記者会見し、顧客へのおわびやガソリン代の差額分として、燃費データを改ざんした軽自動車4車種、計62万5千台を対象に、1台当たり一律10万円を支払う方針を明ら...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)