東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に向けて、196カ国のモチーフを織り込んだ着物を制作する「イマジン・ワンワールド・キモノプロジェクト」の活動が、群馬県でも始まった。県内で2年にわたって応...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)