東北楽天ファン、そして足立祐一にとって、天国から地獄へ落ちたような八回の攻防になった。プロ初の本塁打で勝ち越しの一発を放った直後、5番手青山浩二とのバッテリーで4失点。新人捕手は「(序盤から点を)取...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)