東京電力が福島第1原発事故から約5年間、原子炉の核燃料が溶ける「炉心溶融」の判断基準を記したマニュアルを見過ごしていたとされる問題で、同社の第三者検証委員会は16日、マニュアルの意図的な隠蔽ではなかっ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)