東北楽天の先発川井貴志は5回2失点の粘投。4回5失点と乱れた5月25日の前回登板の反省を生かし、「前回より球に力があった分、何とか2点で抑えられた。攻めるところは攻められた」と話した。  序盤は制球...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)