二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックで、参加国と住民が交流する「ホストタウン」に十四日、県内から初めて大津市と米原市が県と共同で登録された。遠藤利明五輪相が東京都内で同日、発表した。大津市がデンマ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)