ホッケーのリオデジャネイロ五輪女子日本代表「さくらジャパン」のメンバー16人が14日に発表され、県勢からは過去最多となる9人が選出された。永井祐司監督は「走れる上、各ポジションで守備の判断能力が高く...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)