リオデジャネイロ五輪・パラリンピック組織委員会は14日、環境保全に配慮した両大会のメダルを発表した。金メダルの素材となる金は、採取に当たり環境汚染が問題になる水銀を一切使わなかった。銀、銅のメダルは...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)