長野市で十二日まで開かれた陸上の日本選手権の十種競技で、スズキ浜松ACの中村明彦選手(25)が8180点で初優勝、リオデジャネイロ五輪の参加標準記録(8100点)を突破して代表入りを決めた。「得意の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)