東京六大学野球春季リーグで注目を一身に集めたのが東大の左腕、宮台康平(3年)だ。開幕戦で早大に0-1でサヨナラ負けしたものの、1試合13奪三振で東大の最多記録を70年ぶりに更新。立大、法大から各1勝...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)