八戸市中心街の「八戸屋台村みろく横丁」で12日、市民ら約200人が長さ約80メートルののり巻き作りに挑戦した。のりや酢飯、卵焼きなどの具材を巻きすの上に並べ、主催者側の合図に合わせて大のり巻きを完成...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)