「悔いの残らないように1分1秒を大切に、全力で戦い抜くことを誓います」。大会は爽風館通信制女子卓球部の白川真琴副主将(19)の宣誓で幕を開けた。  「とても緊張していた」というが、見事に大役を成し遂...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)