決死の覚悟だった。前半32分、仙台の先制点を決めた三田。ゴール直前、柏の屈強な外国人選手と激しくぶつかり、脳振とうを起こしていた。前半終了後に負傷交代するまで、視界はぼやけていた。満身創痍(そうい)...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)