2安打2打点と気を吐いた磯辺伶也(3年)。勝利は逃したが、「チームの役に立てたことはうれしい」と振り返った。    得点を挙げた場面は、いずれも鈴木駿輔(同)が出塁し、門井泰寿(同)が犠打で送ってつ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)