中田のバットが嫌な雰囲気を吹き飛ばした―。1点ビハインドの六回。二死一、三塁で打席が回ってきた。岩貞の初球の変化球を迷わず振り抜くと、打球は三遊間を抜ける同点となるタイムリー。「点が入らないと嫌な流...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)