美馬学がコースを丁寧に突く粘投で今季5勝目を挙げた。「三回のあのピンチを乗り切れたのが一番大きかった」と力を込める通り、押し出し死球で先制を許した後、1死満塁で山田哲人、バレンティンの強打者2人を打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)