第63回春季東北地区高校野球大会は9日、下位打線がつながり好機を確実にものにした聖光学院が能代を振り切った。  試合後、笑顔で応援席に駆け寄る聖光学院ナインの中で唯一、涙を見せたのが斎藤郁也(2年)...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)