夏の選手権の行方を占うNHK杯決勝は、昨夏覇者の龍谷が5年ぶりの頂点。逆転を呼び込んだ五回の5連打に加え、要所で3併殺を完成させるなど高い集中力を見せつけ、佐賀商を退けた。徳山誠一朗監督は「これまで...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)