昨年6月に右膝を手術したサッカーのドイツ1部リーグ、シャルケのDF内田篤人(28)が古巣のJ1鹿島でリハビリに懸命だ。術後の状態は「日によってよくなったり悪くなったり」と一進一退だが、「ちょっと手応...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)