スズキは8日、自動車の燃費データを不正に測定していた問題の責任を取り、鈴木修会長が兼務していた最高経営責任者(CEO)職を辞め、技術担当の本田治副社長が辞任する人事を発表した。いずれも29日付。鈴木修...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)