本県の死因で1位のがんに対する意識を高めようと、県教委主催の「がん教育」が8日、青森市の浪岡高校(太田正文校長)を皮切りに始まった。1~3年生200人が受講し、がんの予防や原因について理解を深め、早...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)