広島打線が交流戦で振るわない。6試合を終え、チーム打率は2割1分2厘と、交流戦前の2割7分3厘に比べ急降下。得点12は中日と並び12球団ワーストで、黒星先行の要因となっている。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)