初戦、2戦目と二桁安打、二桁得点で勝ち進み、強力打線を見せつけた道栄。決勝でも、先取されたものの、五回に連打で一気に逆転した。一時勝ち越しとなった右前適時打を放ったのは1番の加藤泰行選手(3年)だ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)