弘前城本丸の石垣大改修に向け、弘前市は6日、本年度の現地発掘調査に着手した。調査範囲は天守台部分187平方メートルと遺構の北端付近133平方メートル。9月末まで調査を続け、石垣内側の構造を確認する。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)