陸上のアジアジュニア選手権は4、5の両日、ベトナム・ホーチミンで行われ、徳島県関係では男子砲丸投げの幸長慎一(四国大)が、自身の持つジュニア日本記録を20センチ更新する18メートル41で優勝した。男...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)