大宮は押し気味に試合を進め、終盤の得点で鹿島に競り勝った。  1点が遠かった大宮は0―0の後半42分、左サイドの泉沢のパスをペチュニクが合わせて決勝点となる先制点を挙げた。なかなかゴールを割れずに...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)