「うちは翔と岱鋼のチーム」。栗山監督がそう言ってはばからない2人が、同一カード3連敗阻止のG倒へ、牙をむいた。3点リードの八回。連敗ストップを“アベック弾”で確定付けた。  まずは絶好調の主砲・中...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)