任期満了に伴う沖縄県議選(定数48)は5日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する候補が過半数を維持した。知事の支持派だけでも過半数を占めた。米軍属が逮捕された女性遺棄事件...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)