体操のリオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本種目別選手権最終日は5日、決勝が行われ、男子床運動は世界王者の白井健三が16・650の高得点で制し、初の代表に決まった。田中佑典と山室光史はいずれ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)