八戸市南郷の青葉湖展望交流施設「山の楽校」近くの山林で5日、地域伝統の焼き畑農法復活に取り組む住民らが火入れを行った。伐採した木を敷き詰め火を放ち、30分ほどで約5アールが灰で真っ白に。月内に大豆を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)