東北楽天の釜田は毎回のように走者を背負いながらも、中日打線に得点を許さなかった。勝ち星から約2カ月遠ざかっていたのがうそのような直球主体の好投で、チームの連勝に貢献した。  勝負どころで臆せず内角を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)