【ニューヨーク=北島忠輔】プロボクシングの元ヘビー級世界王者で、黒人差別解消にも尽力したムハマド・アリ氏が四日、アリゾナ州フェニックスの病院で死去した。七十四歳だった。アリ氏は二日から呼吸器系の病気...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)