大相撲初のアフリカ大陸出身力士、大砂嵐関(24)=本名アブデルラフマン・シャーラン=が、母国エジプト観光当局から日本との間の観光振興を担当する親善大使に任命され、2日、首都カイロで記者会見した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)