サッカー女子・なでしこリーグ1部の岡山湯郷ベルは1日、桜井庄吾監督(36)が成績不振の責任を取り、同日付で辞任したと発表した。当面、結城治男コーチ(53)が監督代行を務める。  チームは今季、1部...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)