突然、電話が鳴った。昨年10月2日。益田直也投手は、あの日の事を忘れない。電話の相手は中後悠平投手。同じ年で、マリーンズに同期入団した親友からだった。1軍と2軍ということもあり会話をする機会も少なく...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)