国内外の被災地や発展途上国の生活向上を願って走る「京都チャリティ・ファンラン」が29日、京都市左京区の宝が池公園で開かれた。今年で30回目を迎えた恒例行事で、市民ランナーら約1100人が貧困に苦しむ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)